D班のグループワーク報告

D班では、with/afterコロナを踏まえて、明るい未来に繋げることを念頭に検討・議論を進めてきました。また、各回ごとに役割分担(司会、書記、発表者)を定めることで、Webミーティングにおいても活発な議論になるよう意識して取り組みました。

第1回では、人の流れが都心から地方に移っていくと予測し、都心で働いているサラリーマンをターゲットに地方の活性化や地方に行きたくなるコンテンツについて議論しました。

第2・3回では、オンライン化の定着によって都心と地方の距離の壁がなくなったことを背景に、「都心と地方の良いとこ取りができる生き方の実現」を議論のテーマに掲げ、地方にいながら都心の仕事ができる「ワーケーション」のプラットフォームサービス事業として検討を進めることにしました。企業から利用料を回収するビジネスモデルとすることで、企業の福利厚生として積極的に活用いただけるのではないか、また地方の既存ストックを活用しながら、地元食材・サービスの利用を促進することで、地方経済の活性化に寄与できるのではないか等のアイデア出しがなされました。

最終回では、魅力的なワーケーションプランの内容(温泉地を活用したファミリー向けスキープラン等)や事業を拡大・発展させるビジョンを検討しました。ワーケーション内で他業種が交流できる仕組み作り、また長期的にはワーケーション内のユーザー同士のマッチングによって生み出された新規事業のコンサルティングを行うこと、最終的には世界中で旅をしながらのワーケーショントリップまで展開すること等を議論し、発表に至りました。

以上、各自がコロナ禍で経験したことを生かすことで、従来の考え方に絞られることなく、白熱した議論を行うことができました。定期的に交流・情報交換を継続できる関係を築くことができたとともに、with/afterコロナにおいて素敵な生活を送る方法について考える良い機会になりました。

岡崎 仁美葛飾区役所
鈴木 寿明株式会社フージャースコーポレーション
田中 絢人株式会社ドーコン
畠中 李奈東京ガス株式会社
林 一輝株式会社相鉄アーバンクリエイツ
渡邊 康司株式会社URリンケージ
(実行委員)
倉本 大資株式会社相鉄アーバンクリエイツ
辻  誠也株式会社タカハ都市科学研究所