D班 グループワーク報告

D班のメンバーは、年齢、業種(鉄道会社、コンサル、ゼネコン等)、再開発の経験も多岐にわたり、議論の際にも、メンバーの背景に応じて個性に富んだ意見が多く見受けられました。
また、全体を通じて、権利者の立場や意見を尊重しつつ、事業を推進する難しさを改めて実感すると共に、再開発の目的についても改めて考えさせられる良い機会となりました。
第1回は、権利者の立場にて発言する初めての機会につき、戸惑いはあったものの、権利者になりきった自己紹介を発表するなど、対応力・発信力に優れたメンバーが集っていたこともあり、円滑に議論が進められました。
第2回および第3回は、メンバー内のコミュニケーションと共に意見発信も更に活発となり、メンバーの経験や背景を交えた意見交換、議論がなされました。
第4回では、全体の振り返りを通じて、「再開発事業を進める上では事業者と地権者の相互理解が重要」と認識し、事業者が地権者に歩み寄る姿勢とはどのようなものか議論しました。また、「着工が迫るにつれ、権利者意見が権利に係る内容に収束していく」という土地代が地方と比較して高い都心ならではの特徴があると分析しました。
議論の過程や結果、経験も貴重ではありますが、終始積極的かつ円滑に議論を進められ、今後のメンバー内の繋がりも感じることができたのがD班の何よりの収穫と考えます。
権利者意見と事業者回答
【権利者意見と事業者回答】
ロールプレイングを振り返っての評価・分析
【ロールプレイングを振り返っての評価・分析】
議論の様子
【議論の様子】

D班 参加者一覧

(実行委員)