【2班のグループワーク報告】      

 2班では、昨今のまちづくりにおいて資産(土地・建物など)や街への想い・人とのつながりなどがスムーズに次世代に引き継がれていないのではないかという問題意識のもと、そのまちが持つ魅力や価値を将来にわたって持続的に維持・更新していくことが必要であると考えました。それらの議論を踏まえ、「自律したまち」とは「色々なものを次世代に引き継いでいけるまちである」と定義し、その実現のための施策についてもソフトとハードの両面から議論を進めていきました。ソフト面ではコミュニティの醸成・継承のために、義務的ではないサークル活動や祭りなどの活動と防災訓練など一定の義務を持つ活動の促進が重要であり、それらの活動を受け止める大小様々なコミュニティをつくることで、それが連鎖して全体としても続いていくことが可能になります。一方、ハード面については時代の変化と共にまちにも変化が必要であるため、ランドマークとなる建物の建築や特徴的な店舗の誘致等により資産の更新がもとめられます。新しい人を呼び込みながら循環・新陳代謝を生じさせることによって、まちとしての魅力や価値を持ち続けることができるようになります。
 以上により、コミュニティを継承しつつ、資産の更新とリンクした新陳代謝をおこなうことが、「自律したまち」につながる、という結論に至りました。

議論・参加者写真
 
岩崎 誠
川久保 愛太
川村 峻
佐藤 晃朗
田中 遥太
中村 剛
肥後 伯子
松村 匠
宮本 治
  セコムホームライフ株式会社
エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
大成建設株式会社
三菱地所レジデンス株式会社
三井不動産レジデンシャル株式会社
一般財団法人 首都圏不燃建築公社
日本工営株式会社
株式会社 日本設計
株式会社 アール・アイ・エー
(実行委員)
永田 康太郎
安留 瑞木
  相鉄不動産株式会社
株式会社 タカハ都市科学研究所

【1班】はこちら→  【2班】  【3班】はこちら→  【4班】はこちら→