【大阪視察全般の報告】      

 今年度の若手フォーラムでは、『都市と文化』をテーマに各グループワークを行ったこともあり、現地視察会でも『都市と文化』を体験できるまちとして、歴史と文化が息づきながら新たなまちづくりが進んでいる大阪方面として計画しました。
 大阪での現地視察会は12月2日の金曜日に開催され、実行委員や事務局も含めて総勢35人の参加者となり、近年まれにみる大盛況の視察会となりました。
大阪視察のうち、特に現在進行形のまちづくりが進んでいる梅田を中心とする『キタ』エリアに着目し、『中之島エリア』の関西電力本社にて中之島地区のまちづくりや環境配慮について、及び『北ヤード』のグランフロント大阪にてプロジェクトやソフト・ハードのまちづくりの内容について視察を行いました。
 懇親会においては、関西Qの会様を通じて、関西地区若手実務者との交流会を行い、貴重な懇親及び情報交換を行うことができました。
 また、視察の時間の前後や翌日に、開発が進む梅田界隈や戦災を免れた町屋が残る中崎町界隈や天神橋筋商店街もしくは心斎橋付近まで足を延ばすグループなど、各自テーマをもってまちあるきを実践することができました。
 ご多忙の中、当日、中之島エリアのご説明を頂きました関西電力㈱の田中マネージャー様、㈱関電エネルギーソリューションの中根課長様をはじめ、開催の手配・視察にご同行を頂きました関西Qの会・㈱竹中工務店の黒川副部長様、グランフロント大阪のご説明を頂きました(一社)グランフロント大阪TMOの笹尾課長様には、心より御礼申し上げます。

左写真 関西電力本社にて 右写真 グランフロント大阪にて

【大阪視察全般の報告】【中之島地区視察の報告】
【グランフロント大阪視察の報告】