【中之島地区視察の報告】      

 今回の視察は最初に、関西電力本社ビルに訪問し、中之島地区の再開発、また、地域冷暖房について、ご説明いただきました。
 中之島の更なる発展、活性化を目指す地区内の民間地権者企業で結成された「中之島まちみらい協議会」(29社 平成28年9月現在)を中心に、中之島の再開発が進められてきており、現在、中之島地区は、国内有数の大企業が立地する業務中枢地区であるとともに、文化施設や歴史的建造物が多く立地するシンボルアイランドとなっています。まちづくりビジョンやまちづくり構想等の策定により、まちづくりの目標や推進・検討体制等構築され、現在の中之島地区の発展が実現されている経緯等をお伺いしました。
 その後、関西電力本社ビル内にプラントがあり、河川水熱を利用した地域冷暖房を見学しました。全国トップクラスの省エネ、省CO2を誇る地域連暖房の大規模な機器、仕組み等を目の当たりにし、関西電力様、関電エネルギーソリューションズ様より熱意溢れる説明を頂きました。

左写真 会場の様子 右写真 視察現場(地域冷暖房施設)

【大阪視察全般の報告】【中之島地区視察の報告】
【グランフロント大阪視察の報告】